語学出版
ホーム > イギリス英語会話 クイックレファレンス

イギリス英語会話 クイックレファレンス  好評参考書

内容説明

表現テーマ別の「基本フレーズ集」とそれらを実際に使った「ダイアローグ集」の便利な二部構成.

ことば使いや用語のニュアンス,話す際の注意点について,生きた知識を満載.

機能的な目次に加え,日英二カ国語索引で目的のフレーズをすばやく検索.

典型的なイギリス英語の発音による臨場感あふれるCD.

CD付

 

第1部『コミュニケーション行為』
A. 交際

出会いのあいさつ
別れのあいさつ
人を迎える
人を紹介する / 自己紹介する
人との関係を説明する
呼びかける / 注意を引く
招待する
招待に応じる
招待を断る
お礼を言う / お礼に答える
謝る
お祝いを言う
同情する
お悔やみを言う
祝詞など
プレゼントを贈る
飲み物・食べ物をすすめる,すすめに応じる / 断る
ほめる
ほめ言葉にこたえる
知らせる
会話を始める・続ける・終える
ある事柄について会話を始める
雑談をする

B. 情報を求める / 情報を与える
実用情報を求める
実用情報を与える
実用情報を与えられないと言う(道順など)
覚えている / 覚えていないと言う
わかる / わからないと言う
指し示す,特徴を言う
物や人の特徴を述べる
健康状態について話す
名前を知らない場合の言い方
意見を言う,意見を尋ねる
強調する
確信・可能性・疑念などを述べる
できる / できないと言う,できるか / できないか尋ねる
能力・知識があるかないかを言う

C. 行為について
相手に頼む
指示・命令を与える
買う / 注文する
助言する
…するなと助言する
手伝いを申し出る
手伝いの申し出に応じる
手伝いの申し出を断る
サービスを申し出る
サービスの申し出に応じる
サービスの申し出を断る
一緒になにかしようと誘う
誘いに応じる / 誘いを断る
提案する
提案を受け入れる
提案を拒む
会う約束をする
許可を求める
許可を与える
許可を拒む
禁止する
約束をする
安心させる
励ます
必要・義務
思い出させる
注意・警告を与える
小声で話すように / 黙るように頼む
しつこく言い寄る人を追い払う
もう1度言ってくれるように頼む

D. 態度を明らかにする / 感情を表現する
「はい」と答える
「いいえ」と答える
知らないと言う
同意する / 同意しない
言ったことが正しい / 間違っていると言う
満足だと言う
不満だと言う
判断・評価を下す
楽しいと言う
好きか嫌いかを言う
批判・非難する
後悔する
好みを言う
関心がないと言う
意図・意向を述べる
否定的な意図・意向を述べる
予定を言う
残念に思う・懐かしむ
失望する
恐れる / 安堵する
心苦しく思う
驚く
称賛する
興味がある
責任を負わせる,非難する
非難に対して反論・弁明する
苦情を言う
機嫌がいい / 悪い
嫌悪する
抗議する,感情を爆発させる
いらいらする
関係がある / 関係がない
ののしる
E. より高度なコミュニケーションのために
話を要約する
「話の流れ」を明確にする
人の言ったことを伝える
仮定する
会話の「つなぎ言葉」
私信を書く

F. ビジネスで
電話で話す
商業文・公用文を書く
スピーチをする


第2部『会話』
出会い

イギリス人の家庭を訪れる
電車の中で
キャンパスで

住まい
不動産屋で
ルームメイト募集
不動産屋に苦情を言う

買い物
スーパーで
八百屋で
ジーンズを買う
新聞・雑誌販売店で

サービス業
写真屋で
電気屋で
冷蔵庫の配達

お金
レジで
銀行で
すっからかん

食事
パブでのランチ
家庭での夕食
来客者との夕食
レストランで

交通手段
タクシーの中で
バスの中で
駅で
旅行代理店で

余暇
ロック・コンサートで
スポーツセンターで
パーティーで
ギター
サッカーの試合はこっち?
会う約束をする

旅行
美術館で
バス・ターミナルはどこですか?
キャンプ場で
ホテルで
ほうっておいて!
あなたは?

郵便と電話
郵便局で
電話ボックス

健康
薬局で
医者のところで
通りでの事故
気持ちが悪くて
歯の診療の予約をする

仕事と職業
仕事を決める
面接で
ラクソールへようこそ
電話
アンケート調査

警察
スピード違反です
警察署で

◆日本語索引

◆英語索引

 

 

 本書は,フランス・ディディエ社(Didier)より"L'Anglais utile"と題して刊行されたイギリス英語会話ガイドを,日本人向けに作り直したものです.昔は「フランス人は英語が嫌い」というのが定説でしたが,最近では英語に関心が高まり,この本もフランスで好評を博しました.その理由は何でしょうか.第1部を見て分かる通り,この本がとても実践的ですぐに役に立つからなのです.

 原書では英語とフランス語の違いについての解説がありますが,日本語版では割愛しました.その代わりに,新たに日本人向けの解説を加えました.しかし,随所にあるフランス人向けのエスプリのきいた解説や忠告はなるべく残しました.

 会話には「人に頼む」,「許可を求める」,「誘いに応じる」などの公式があります.この本の特徴は,その公式を精選し,さらに,1つの行為に対してたくさんの英語表現を紹介している点です.そして,その実例を後半の会話集で確認できるようになっています.丁寧な表現のみならず,文句や苦情をいう表現,さらに激しい感情の表現などもありますので,状況に応じて使い分けてください.

 録音の会話は,典型的なイギリス人の発音です.アメリカ英語の発音が氾濫する今の日本で,硬派なイギリス英語の響きは,みなさんの耳には新鮮に聞こえることでしょう.

 

このページのトップへ